スマートスタイル TECH BLOG

データベース&クラウド技術情報

セミナー情報

Category
【HeatWavejp】MySQL HeatWave へのデータ同期はどうするの!?~HeatWavejp Meetup #06
993

【HeatWavejp】MySQL HeatWave へのデータ同期はどうするの!?~HeatWavejp Meet...

データ連携/同期の方法を知って MySQL HeatWaveを活用しよう! DB/DWHでのデータ利活用を実現するために、重要事項の1つである「データ同期」。MySQL HeatWave への移行やデータ連携、データ集約/統合 などなど、実際にどのような方法があって、どのようにデータ同期を行うことができるのか!? 今回...
【共催セミナー】 「Oracle Cloud」の実力とは?~低価格・高品質・移行メリット、効率活用法を一挙ご紹介~
1238

【共催セミナー】 「Oracle Cloud」の実力とは?~低価格・高品質・移行メリット、効率活用法を一挙ご紹介~

“クラウドファースト”の時代と言われて久しいですが、基幹業務システムをはじめとした大規模システムについては、コスト面の理由からクラウド化が進んでいない企業も多いのではないでしょうか。  Oracle社が提供するクラウドサービスである「Oracle Cloud」はオンプレミスのOracle Databaseから...
【HeatWavejp】年忘れ MySQL HeatWave 事例祭り & オフライン忘年会もあるよ!~HeatWavejp Meetup #05
1151

【HeatWavejp】年忘れ MySQL HeatWave 事例祭り & オフライン忘年会もあるよ!~H...

HeatWavejpで初の 「MySQL HeatWaveの事例祭り」を開催します! 今回の MySQL HeatWave の事例祭りでは、トヨタ自動車様、旭松食品様(データベーステクノロジ様発表)、Aiwifi様(メキシコのベンチャー企業)、国内外の3事例をご紹介します! トランザクション処理、分析処理、機械学習、大...
「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減~年次調整率 8%で増え続けるオンプレミスOracleDBの高額コストへの対処法~
1413

「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減~年次調整率 8%...

本セミナーはWebセミナーです。ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。 セミナー詳細 ライセンスコスト、保守コストが増加し続けているオンプレミスOracleDB...
【セミナー】Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界〜「MySQL HeatWave on AWS」で性能・コスト問題を解決〜
1546

【セミナー】Amazon Aurora/RDS/Redshiftの限界〜「MySQL HeatWave on AWS...

本セミナーはWebセミナーです。ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。 セミナー詳細 増え続けるデータ・アクセス量、分析の複雑化 ビッグデータの時代、多くの企業...
【セミナー】「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減
1171

【セミナー】「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減

年次調整率 8%で増え続けるオンプレミスOracleDBの高額コストへの対処法 「脱オラクル」の解決策、OracleDBライセンス持ち込みでクラウドデータベース利用料を76%削減 本セミナーはWebセミナーです。ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、「osslabo.com」「ma...
pt-table-checksumでレプリケーションの整合性を確認する
1253

pt-table-checksumでレプリケーションの整合性を確認する

はじめに Percona Toolkitにはpt-table-checkusmと呼ばれる、レプリケーションの整合性を確認することができる機能が存在しています。この記事では、pt-table-checkusumを使用して、ソースとレプリカのデータが一致していることを確認していきましょう。 今回は以下のレプリケーション環境...
Return Top