Warning: Undefined array key 0 in /home/ss-webmaster/public_html/blogs-stylecojp/wp-content/themes/dp-magjam/inc/scr/show_ogp.php on line 42

Warning: Undefined array key 1 in /home/ss-webmaster/public_html/blogs-stylecojp/wp-content/themes/dp-magjam/inc/scr/show_ogp.php on line 42
AWS依存から脱却するために、Oracle Cloudを併用する理由 ~AWSとOracle Cloudを簡単に接続し低コストでマルチクラウドを実現~ | スマートスタイル TECH BLOG

スマートスタイル TECH BLOG

データベース&クラウド技術情報

AWS依存から脱却するために、Oracle Cloudを併用する理由 ~AWSとOracle Cloudを簡単に接続し低コストでマルチクラウドを実現~

AWS依存から脱却するために、Oracle Cloudを併用する理由 ~AWSとOracle Cloudを簡単に接続し低コストでマルチクラウドを実現~

参加受付終了

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

AWS依存から脱却する必要性

クラウドサービスとしてAWSを利用している企業は多いですが、リスクや負荷の分散という観点から、単一クラウドへの依存は危険であるとの考え方が広まっています。

AWSと並んで注目を集めるのが、Oracle Cloud

AWSと並んで注目を集めているクラウドサービスに、Oracle社が提供する「Oracle Cloud」があります。
クラウド上で OracleDB、MySQL を利用する場合の性能向上やコスト削減が可能であることから、多くの企業で採用されているクラウドサービスです。

クラウド間連携、マルチクラウドの課題

AWSとOracle Cloudを連携できれば、単一クラウドに依存しない環境を比較的低コストで運用していくことができます。
しかし、導入時に回線調達や設計見直しなどに多くの時間と労力を要するため、高いハードルがあります。
さらに、導入後にクラウド間のネットワーク遅延によって、パフォーマンスが劣化する可能性も考えられます。

クラウド間の閉域接続サービスを利用することで、手軽にAWSとOracle Cloudの連携を実現

そこで本セミナーでは、クラウド間の閉域接続サービスを利用することで、手軽にAWSとOracle Cloudの連携しマルチクラウド環境を実現する方法をご紹介します。
サービス初期費用が不要で従量課金、即日~数日で導入が可能なMegaport社のクラウド接続サービス「Megaport Cloud Router」を活用した、マルチクラウド事例やユースケースを含め紹介しますので、ぜひご参加ください。

プログラム内容

9:45~10:00 受付
10:00~10:05 オープニング(マジセミ)
10:05~10:45 AWS依存から脱却するために、Oracle Cloudを併用する理由
10:45~11:00 質疑応答

※セッション内容は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

開催情報

日時 2022年2月17日(木)10:00 – 11:00
申込締切 2022年2月16日 12:30
主催 株式会社スマートスタイル
会場 オンライン配信 Zoom
※事前にzoomのテストをお願いします https://zoom.us/test
定員 30名
費用 無料

参加受付終了

免責事項

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。
・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方
・個人や個人事業主の方
・海外から参加される方
・日本に活動拠点が無い企業の方
・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。


【セミナー事務局】
マジセミ株式会社

【当日会場アクセスに関するお問合せ】
zoom@osslabo.com

Return Top