CData Sync v23をインストールしてみる

目次

Oracle Cloud Infrastracture(OCI)上の Oracle Linux 8.7インスタンスに Java版 CData Sync v23をインストールしてみよう

はじめに

CData Syncは様々なSaaS/DBにあるデータを抽出して、データ分析基盤への同期に特化したデータパイプラインツールです。
詳しくはこちらをご覧ください。
2023年5月30日にCData Syncの新バージョン「v23」がリリースされました。
以前のバージョンからUI へのモダナイズ、dbt Cloud 対応、CDC 強化、新コネクタなどユーザビリティと機能面が強化されています。

今回は、OCI(Oracle Cloud Infrastracture)に構築済みのOracle Linux 8.7のインスタンスにJava版のCData Sync v23をインストールしてみます。

実現したい構成


パブリックサブネット内に配置されたインスタンスにCData Sync v23をインストール後、インスタンスのパブリックIPアドレスを指定してブラウザからWEB管理コンソールに接続するまでを実施します。

ネットワーク設定

CData SyncのWEB管理コンソールに、インターネット経由で接続するにはTCP 8181ポートを許可する必要があります。
今回のOCI環境では「ネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)」で通信許可のセキュリティルールを下記の手順で追加します。

1.OCIコンソールで左上のメニューを開き「ネットワーキング」をクリックします。

2.中央ペインのネットワーキング画面より「仮想クラウド・ネットワーク」をクリックします。

3.VCNの一覧からインスタンスが所属するVCNを選択します。

4.VCN詳細画面の左ペインのリソース一覧から「ネットワーク・セキュリティ・グループ」をクリックします。

5.「ネットワーク・セキュリティ・グループの作成」をクリックします。

 5.1.「基本情報」を入力し「次」をクリックします。 
  ・「名前」:NSGの任意の名前を入力します。
  ・「コンパートメントに作成」:インスタンスが所属するコンパートメントを選択します。

 5.2.「セキュリティ・ルール」以下の設定を追加し「作成」をクリックします。
  ・方向: イングレス
  ・ソース・タイプ:CIDR
  ・ソースCIDR: :0.0.0.0/0
  ・IPプロトコル:TCP
  ・宛先ポート範囲: 8181

注1:今回は接続元のIPアドレスの制限をせずに「ソースCIDR」を0.0.0.0/0(Any)に設定しましたが、社内のIPアドレスなどを設定して、接続元のIPアドレスを制限することを推奨します。

6.該当のインスタンスの詳細画面から「プライマリVNIC」の「ネットワーク・セキュリティ・グループ」の編集をクリックして、先ほど作成した「ネットワーク・セキュリティ・グループ」を割り当てます。

OS(Linux)のファイアウォール機能(firewalld.servics)については下記の手順で無効に設定します。

1.下記のコマンドを実行してfirewalld.serviceを停止します。

 1.1.下記のコマンドを実行してfirewalldのサービスが停止状態であることを確認します。

2.下記のコマンドを実行してfirewalld.service自動起動を停止します。

 2.1.下記のコマンドを実行してdisabledの結果が返ってくることを確認します。 

注2:今回はfirewalld.serviceを停止していますが、運用上、firewalld.serviceを有効にしている場合は下記のコマンドでTCPポート8181の許可設定を実施してください。

Javaのインストール

CData Syncクロスプラットフォーム(Java版)をインストールするために、Javaのインストールが必要になります。
CData Syncのインストールにあたり、JavaのバージョンがJava8以降であることが要件で、Java11以降が推奨されています。

今回は下記の手順でOpenJDK17をインストールします。

1.下記のコマンドを実行して「OpenJDK17」をインストールします。

 1.1.下記のコマンドを実行してインストールしたJavaのバージョンopenjdk version "17.xx.xx"と結果が返ってくることを確認します。

CData Sync v23インストーラーのダウンロード

1.下記のURLにアクセスし、入力フォームに必要事項を入力後、「フォーム送信」をクリックします。
https://www.cdata.com/jp/sync/download/

2.入力したメールアドレス宛に、インストーラーのダウンロードURLと1ヵ月間の無料トライアル用ライセンスが送付されます。
受信したメールのURLより最新バージョンのCData Syncのインストーラーがダウンロードできます。

CData Sync v23インストール

1.ダウンロードしたインストーラをインスタンスの任意の場所に配置します。
今回は/tmpディレクトリの配下に格納します。

2.CDataSyncモジュールを格納する場所を指定しインストーラを解凍します。
今回は/optディレクトリに/syncディレクトリを事前に作成しておきます。

3.下記のコマンドで、/opt/syncディレクトリを指定してインストーラを展開します。

4.下記のコマンドで、/opt/syncにインストーラが展開され、モジュールが格納されていることを確認します。

5.下記のコマンドで、service.shスクリプトを実行しsystemdサービスをセットアップします。

6.下記のコマンドで、CData Syncのサービスcdatasync.service が存在していることを確認します。

7.下記のコマンドで、CData Syncのサービスを起動します。

8.下記のコマンドで、CData Syncのサービスの自動起動を設定します。

 8.1.下記のコマンドで、enabledと結果が返ってくることを確認します。

WEB管理コンソールへの接続

1.ブラウザよりインスタンスのパブリックIPアドレスとポート8181を指定しWEB管理コンソールに接続します。
http://<パブリックIPアドレス>:8181

2.表示された画面で、ユーザ名とパスワードを設定しログインします。

3.ログイン後、インストーラの取得時に送付されたトライアルライセンスで認証を行います。

以上がCData Sync v23の利用開始までの流れとなります。

まとめ

冒頭でお伝えした通り、CData Sync は高度なデータ連携とユーザビリティに優れた仕様となっています。
業務で複数のSaaS/DBを利用されているお客様は多く、データの集約と分析で可視化していく運用が求められるなかで、400種類以上のデータソースと、オンプレとクラウドの双方でのデータ連携に対応したCData Syncは既存の環境にあったデータ連携が簡単に実現可能となります。

スマートスタイルTECHブログについて

スマートスタイルTECHブログでは、日頃OCIのサポート業務に従事している有資格者で構成された技術サポートチームがOCIに関する技術情報を発信しています。データベースのお困りごとはお気軽にご相談下さい。

\ お役立ち資料のご案内 /
導入事例
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次