OCI標準で取得出来ないメトリックを取得し監視してみよう

目次

はじめに

まず、メトリックとは、

特定のリソースのヘルス、容量またはパフォーマンスに関連する測定。

「引用:モニタリングの概念 のメトリック」

とあり、コンピュート・インスタンスでは https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Compute/References/computemetrics.htm#Availabl に記載されている、 CPUやメモリの使用率、ディスク、ネットワークのスループットなどが標準で提供されています

しかし、一般的なコンピュートの監視項目としては少ないため、本記事では一般的な監視項目の一つである、ディスク使用率監視を Linux OS に対して行ってみたいと思います

手順概要

  1. Pythonスクリプトで特定デバイスのディスク使用率を取得する
  2. OCIのカスタム・メトリックの公開を使用し、独自のメトリックをモニタリング・サービスに公開する
  3. 取得したディスク使用率を確認する
  4. メトリックにアラームを設定する
  5. アラーム通知の確認

ここでポイントとなるのは、 カスタム・メトリックの公開 で、こちらのドキュメントに記載されているように、REST APIを使用して独自のメトリックをモニタリング・サービスに公開することができる機能となります

カスタム・メトリックの注意事項

独自のメトリックを作成出来るカスタム・メトリックですが、ドキュメントには下記の注意事項が記載されています

カスタム・メトリックを定義する場合は、次の点に注意してください:

・カスタム・メトリックが制限を超えないようにします。たとえば、有効なディメンション範囲とカスタム・メトリックの最大ストリーム数に気を付けてください。PostMetricDataを参照してください。
・集計を考慮してメトリックを定義します。カスタム・メトリックは1秒ごとに頻繁にポストできますが(最小頻度は1秒)、最小集約間隔は1分です。
・返される際の制限を考慮してメトリックを定義します。 返されるデータの制限情報には、100,000データ・ポイントの最大値と時間範囲の最大値(レゾリューションによって決定され、間隔に関連しています)が含まれます。MetricDataリファレンスを参照してください。
・カスタム・メトリックを取得する場合、リソース・グループと照合できます。リソース・グループが空白(null)の場合、リソース・グループがないメトリック・データを返します。

また、PostMetricData API にも注意事項があります

・Dimensions per metric group. Maximum: 20. Minimum: 1.
・Unique metric streams
. Maximum: 50.
・Transactions Per Second (TPS) per-tenancy limit for this operation: 50.

それぞれに注意事項・制限が有りますが、下記の二つは特に注意が必要ではないでしょうか

  • カスタム・メトリックは秒単位で取得(ポスト)させることが可能だが、1分間隔で集約されてしまう
  • API呼び出しはテナンシーあたり、50TPSを上限とする

設定

本記事では下記サンプル・スクリプトを毎分実行し、ディスク使用率を公開してみました

1. ディスク使用率の取得

Python の shutil ライブラリを使用して、ディスクサイズ、使用バイト数、空きバイト数を取得し、空き領域率を計算します

2. カスタム・メトリックの公開

PostMetricData APIを使用して公開します
各パラメータにおいて、必須項目は下記となります

  • MetricDataDetails.compartmentId
  • MetricDataDetails.dimensions
  • MetricDataDetails.name
  • MetricDataDetails.namespace
  • Datapoint.timestamp
  • Datapoint.value
    PostMetricData APIのドキュメント中のExamplesを参考にし、コンパートメントIDなどを環境に合わせて変更するだけで、基本的には大丈夫だと思います
    ただし、MonitoringClientのservice_endpointはoptionalでconfigパラメータのリージョンで適切なエンドポイントが指定されるとMonitoringClientのドキュメントには記載されていますが、指定しなければうまく接続出来ませんでしたので、各APIのドキュメントを一度はご確認いただきたいと思います

3. メトリック・エクスプローラでカスタム・メトリックの値を確認する

を5分間隔で実施したところ、ディスクの空き領域が徐々に減少していることが確認出来ます

4. アラームを設定してみる

空き領域が30%を下回った際に、メールで通知するように設定してみました

カスタム・メトリックでも、標準で提供されているメトリックと同様にアラームの設定が可能です

5. アラーム通知の確認

送信されてきたメールはこのようになります

まとめ

カスタム・メトリックを使用することで、標準では公開されていないような値であってもチャートで確認したり、アラームで通知することが可能となります
ただし、注意事項の欄で記載しましたように、API呼び出しの制限や1分単位で集約されてしまうなど、注意が必要となります
特に、API呼び出しはテナント全体での制限となるため、多数のコンピュート・インスタンスを作成されているような環境では、全台数を対象とすることは出来ないかもしれません

しかし、対象インスタンスが少ない場合などでは、ZabbixやHinemosといった監視システムを構築する必要が無いため、非常に有用な手段となるのではないでしょうか

スマートスタイルTECHブログについて

スマートスタイルTECHブログでは、日頃OCIのサポート業務に従事している有資格者で構成された技術サポートチームがOCIに関する技術情報を発信しています。データベースのお困りごとはお気軽にご相談下さい。

\ お役立ち資料のご案内 /
導入事例
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次